ページTOPへ

DX診断士協会

DX診断士協会は経済産業省が目指す「文書や手続きの単なる電子化から脱却しIT・デジタルの徹底活用を推進する人材」を育成する機関として誕生いたしました。

DXの現状(経済産業省サイトより引用)

あらゆる産業において、新たなデジタル技術を使ってこれまでにないビジネス・モデルを展開する新規参入者が登場し、ゲームチェンジが起ころうとしています。こうした中で、各企業は、競争力維持・強化のために、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)をスピーディーに進めていくことが求められています。

しかしながら、PoC(Proof of Concept:概念実証。戦略仮説・コンセプトの検証工程)を繰り返す等、ある程度の投資は行われるものの実際のビジネス変革には繋がっていないというのが多くの企業の現状です。今後DXを本格的に展開していく上では、DXによりビジネスをどう変えるかといった経営戦略の方向性を定めていくという課題もありますが、これまでの既存システムが老朽化・複雑化・ブラックボックス化する中では、新しいデジタル技術を導入したとしても、データの利活用・連携が限定的であるため、その効果も限定的となってしまうといった問題が指摘されています。また、既存システムの維持、保守に資金や人材を割かれ、新たなデジタル技術を活用したIT投資にリソースを振り向けることができないといった問題も指摘されています。

ITシステムの見直しに当たっては、デジタル技術を活用してビジネスをどのように変革するかという経営戦略が必要であり、それを実行する上での体制や企業組織内の仕組みの構築等が不可欠です。

DX診断士

急ピッチで進んでいるDXを支える人材の育成、DX導入を指導ができる人材を育成するために誕生したのがDX診断士です。国内ではまだDXで何が出来るかわからない、DXを活用したいが専門人材がいないという企業が大多数を占めています。DX診断士はこうした企業を指導し会社経営にDXを活かし国内産業を活性化させることを目的としています。

DX診断士と言うとコンピューターに詳しい人、プログラマやSEを連想されるかもしれませんがそうではありません。DX診断士はプログラムを作成するわけではありませんし、ITの知識もほとんどいりません。DX(Digital Transformation)の「トランスフォーメーション」こそがDX診断士が重視している点です。

DX診断士になるには

DX診断士になるには、年に2回開催される試験に合格する必要があります。
80点以上を合格といたします。前回の試験での合格率は23%でした。
試験での得点により、80点以上をDX診断士、90点以上をDX診断士上席とします。
資格を継続するためには、2年に一回、診断士継続セミナーを受講する必要があります。

※第2回試験は2021年9月9日に行う予定でしたが、緊急事態宣言の延長により会場の利用許可がおりませんでした。
そのため会場試験及びWEB試験を中止させていただきます。
次回の開催日は未だ新型コロナに関しまして流動的ということもあり、開催日は2022年(春頃・未定)とさせていただきます。
既にお申込みの方には8月31日に全てご返金処理をさせていただきましたのでご確認のほどよろしくお願いいたします。
関係者様には大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。

公式講座

DXを学ぶための講座として「DX診断士講座」を行っています、DX診断士を目指す方はもちろんですが、社内でDXを任せられている方やIT系の派遣会社にご登録されている方も多く学ばれています。

公式講座内容(予定)

  1. DXとは何か
  2. 経産省のDX推進指標の理解
  3. DXの導入準備
    • 第1段階 社員とのコミュニケーション
    • 第2段階 社長がやりたいことの確認
    • 第3段階 各部署の担当者が今やっていることの確認
    • 第4段階 作業担当者が今やっていることの確認
    • 第5段階 社長への説明と代表担当者の任命
    • 第6段階 社員への説明会の開催
    • 第7段階 社長から社員へのDX導入の指示
  4. DXの導入
    • 第1段階 適切なシステムの選定
    • 第2段階 システムの確認
    • 第3段階 要件定義の作成
    • 第4段階 各部署の担当者への説明
    • 第5段階 社長から各部署の担当者へDX導入の指示
  5. DXの開発と利用
    • DXは永遠に完成しない
    • 変更に強いシステムの開発
    • セキュリティの確保
    • 使いたくなるデザインの選定

DX診断士概要

試験年に2回(オンライン)
資格付与期間2年間(継続はオンラインによる講義を受講)
受験料1万円
講座受講料5万円
付与 DX診断士ロゴマークの利用、DX診断士プレート
DX診断士プレート

DX診断士協会

理事長

高山 慎太郎

理事

井上 達也

株式会社フリーウエイジャパン
代表取締役

理事

舘村 真二

株式会社タテムラ
代表取締役

理事

岩野 圭佑

PPP株式会社
代表取締役

運営母体

一般社団法人フィンテックガーデン

第一回試験(終了しました)

日時2020年12月9日 13時~14時
試験方法オンライン
申し込み締め切り2020年11月8日

第一回試験の結果

受験者数121名
合格者DX診断士19名 DX診断士上席9名
合格率23%

合格者(希望者のみ掲載)

DX診断士上席
  • 高山 慎太郎
  • 濱崎 晃
  • 佐山 宇宏
  • 義永 洋士
  • 井上 達也
  • 山中 史彦
  • 杉山 靖彦
  • 黒田 哲司
DX診断士
  • 川村 博
  • 大河内 信人
  • 舘村 真二
  • グェン・ミン・タイ
  • 小嶋 勇志
  • 大場 昌晴
  • 矢代 雅義
  • 加瀬 曹一郎
  • 新屋 清信
  • 松田 志朗
  • 中村 裕
  • 荒澤 文寛
  • 山崎 琢磨